2013年01月18日

自分マニュアルを作る意味

似たようなタイプの人であったとしても、
一人一人バックグラウンドも、考え方も
これから出会う出来事も違って、
まったく同じマインド、条件の人って一人もいない。


自分の思考、行動を作っているもの・・・

■親の性格、思考、仕事
 ※この要素が一番大きくて、悩むことも多いと思う。 
  でもここを含めて自分。
  弱みと思う事があるならそれは原動力にもなる。生きる意味にもなる。
■環境、地域 
■時代、文化
■出会った人

どれも良くも悪くも自分に影響を与えている。
何かのせいにするんじゃなくて、自分を生かして
夢を実現できるのは自分だけ。


なんとなくこれは苦手、とくに苦手意識で行動を
制限しがちなことが多いし、
得意と思っても人生に生かそうと知恵を絞るまでの人が少ない。


自分の思考パターンや得意不得意を整理しておけば、
負のループ、悪循環になる悩み、
いろんなマイナスを最小限にすることが出来る。
何度も同じような失敗したり、ネガティブな気持ちで締め付けられたりを
減らせる。

その分、自分の得意なことに時間が使えるようになって、
成果を出せば、人からの評価があがる、楽しくなる!


大人になっていく過程で、ある程度は、自分の特徴を知って
効率が良くなったり、世渡りが上手になるもの。

でも頭の中でやっていることは、実は自分の理想の逆をいってることもある
ここで言う自分マニュアルは、単に処世術という意味ではないから、
考えたことは一度紙にまとめて、毎日見るのが良い。


自分の能力がMAXになるように
自分を上手にコントロールして動いていくと、
こうなりたいなーとか、欲しいものを手に入れることが出来ると思う。


理想だけでは現実は変わらないから、
自分の行動をチェックする指針を持っておくのが良い。


時代や地域が変われば、生き抜く戦略も変わる
やるべきこと、やりたい事も、その時代、その場所によって変わる。

だから、だれかと一緒、
先人の教えに従う、先行者の真似をするだけでは人生の主導権を握れない。


最初は人のやり方を真似てよいけど、
人が書いたものは、バチっとこれだーってくるものは無いはず。

本を読んだり人に会ったり、これは良いな〜と思った物を集めて
自分なりのマニュアルを日々微調整したらよいと思う。



まずは、自分がどうなりたいのか、
自分の向いたい場所を確認するのが第一歩。







posted by 働きママ at 11:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 自分マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自分マニュアル:やることが多いは頭を使わない逃げ、やらないと腹をくくる

【私のよくない傾向】
会社に勤めているときから、
効率的にできない、人よりも仕事が回せていない自信の無さから、
人よりもたくさんやらなくちゃと、

勤務時間は、1つでも10分でも多くToDOに手を
付けることを考えていて、いつも焦っている。


【行動を変えること】
× ギリギリあと10分やろう!を止める。
          ↓↓↓
◎ タイムアップ!今日はここまで!
  潔く諦める。 ★区切ることが大事。

    :
    :そうすると
    ▼

 整理して次のBestを考える余裕が出る。
 1日でも状況はどんどん変わる。
 頑張るベクトルは間違っていないか、
 実際やってみたら、もっと良いやり方を考えるべきと
 気づくこともある。

 立ち止まって知恵を絞る、違う方法を探す。
 たくさん仕事することがクリエイティブじゃない。
 むしろ逆で、戦略とは戦いを省くこと。
 いかに少ない労力で結果(幸せ)を出していくか。
 つめこみをできるだけ止める仕組みを考えること。に時間を使う。

 自分の強みが生かせる所、自分がやるべきことに時間を注ぐ。
 それが生産性を上げる、パフォーマンスを最大にするということ。
 人それぞれ力を入れるべき点は違う。


【行動を変えること】
毎日仕事のメインは大きなこと3つ以内にして、紙に書く。
その3つが終わって他の事をする。

これやる以外前進は無い。
自分、会社の利益になる、意味ある”前進する肝の仕事”


【行動を変えること】
100%の仕事をイメージしない。完璧を求めない。

8割の完成を目指して、4〜6割で外に出す。
改善して8割にする。



【名言】
決断は断つことを決めること。
戦略とは戦いを省くこと。

やらない、というのは腹をくくらないとできない。
腰を据えて次を考える、覚悟のいること。


【やらないことのメリットはものすごく大きい】
その1つをやらなくても、生活は充ちている。
その1つをやらなくても、全体の評価は変わらない。

その1つをやらないと
きっぱり諦めることは、心のざわつき(ストレス)を一旦クリアに出来る。

あれもこれも思ったように進まなかった…とか
やることがどんどん増えた…とか精神を締め付ける。


心を落ち着けたら、
●大事なこと(利益につながること、ライフプラン)が
 前進しているかを振り返ってみられる。
●やったことはゼロじゃない、評価できる、自分を褒められる=心の安定、自信
 ※見える化すること。
  動いた分、何が評価されているか分析材料が必ず出てきている。
  (↑これ大事。行動しないと次は見えない

成果がなければ力を入れるとこ間違っているって分かるし、
次どこに力を入れるべきかが分かるようになる。



【やることが多いの呪縛は自分でラクな方に逃げている】
ただただやること見つけて頑張るのは実はラクで簡単なこと。
体が疲れるだけ。 物事を大きく動かす爆発エネルギーを必要としない
大きな失敗もない、批判されることもない。

やった方がいいこと、
やらなきゃと思っていることは無限にある。
あれもやらなきゃこれもやらなきゃと心のプレッシャーは
パフォーマンスを下げる。

絶対全部はできない。(なのにやれないとダメと思ってる。)

やってもやっても評価されない…は、
どこか人のせいにしてる、
忙しさを打破するには、
仕事のやり方を考え直すしかない。

答えはすぐに見つからない、頭を使うことは面倒なこと。
しんどいこと。だからやらない。変えようとしない。
新しいやり方にシフトするのは腰が重かったりする。

ただただ動き続けていれば、
頑張っているという錯覚にはなる。思考停止。

これだと全体が見えていない。
だから頑張ったようで、評価が低い。

心がざわついて、大事なことが見えていないから、
無駄なことにも手を出すし、日々の生産性が上がらない。


社会で評価されるのは、
苦しんで頭使って変化を起こす人。
もっと良い”仕組み”を作る人。
物事を前進させる人。

※守る・続けるという仕事もあるけれど、
これも時代が変わる以上は創意工夫によって守り、続けられる。



この自分マニュアル作り途中メモ↓
自分マニュアル作り過程のメモ

ブログでは、浮かんだフレーズを残しておきたくて説明が多くなったけど、
大文字カラーリングした部分が自分の目に飛び込めば、大事なことは分かる。

自分にとってわかりやすい、が大事。パッと気持ちが入る。







posted by 働きママ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

気分が載らないときの気分転換、ご褒美リスト

■ちょっと集中力切れたとき

・散歩 ※スマホとかで情報は入れない
・草取り
・おやつ
・1カ所掃除
・運動(腹筋、ランニング、ピラティス)
・テレビ30分
・音楽をかける
・昼寝15分

※物やツールを用意しておく、と選ぶ、使う楽しみになっていい


■重症のとき

一旦ウキウキ気分にならないとダメ。

・ファッション誌を読みに行く。家よりも外が良い。最新が良い。
・おいしいものを食べに行く
・良い香りを嗅ぐ
・誰かに手紙を書く
・好きな画、作品を見る。人の仕事を見る。
・オシャレする。

・寝まくる←寝ちゃったーxxと責めちゃダメ。良く寝た!復活できた!と褒める。
      休むのも次にエネルギー放出するために必要。


■ご褒美

これを楽しみにして仕事する

・アロマ
・美容ケア
・雑誌スクラップ
・お菓子作り
・おいしい料理




posted by 働きママ at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自分マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。