2013年10月26日

ロジクールG700のマウス、滑りが悪くなってきた!(対策メモ

なんだか使っていたロジクールG700の
動作が重たくなったような?とある日気が付きました。


症状その1
重たくて手が疲れるようになった。

初めて使った時のスルスル軽〜く動く感じと違う。
滑りが悪くてガサガサする感じ。


症状その2.
感度が鈍いのか、ポインタの動きがずれてくる。
なんか動きが遅い。狙いが定まらない。
微妙な違いな気もするけれど、
イライラしてくる。

2つの症状はそれぞれ別の原因で、
対策したらすぐに治ったので方法メモしておきます↓


症状1の「滑りの悪さ」の原因は、”マウス裏素材の劣化”

マウスの裏にある、机に接する部分には滑りやすいパットが
付いています。これは摩耗して滑りが悪くなるから、
消耗品だと思った方が良いらしいです。
使用時間にもよるけれど、半年から1年程度で滑り悪くなったら
交換すると、滑りが良くなる。

ちなみに私は5か月の寿命でした。
1日5〜6時間は使っています。

「滑りの悪さ」対策は、パットの取り換え。
専用のソール(足)と呼ばれるパーツも売っているけれど、
パソコン強い方々の定番は”カグスベール”という
家具の足に付けるシールらしいです。


で、私はカグスベールを買って貼ってみたけれど、
滑りは一気によくなるけれど、
机との隙間が大きくなりすぎるみたいで、
マウスの反応が悪くなったので却下。

カグスベールよりもトスベールの方が厚みが薄いから、
トスベールの方が良さそう。
高さが足りなかったら2枚重ねして調整すればいい。

※ちなみに取り付ける時は、もともと付いている
パットを剥がしたり、パットを剥がさずに上から重ねたり、
自分のマウスに合ったやり方を調整しながら探すことになります。

私はカグスベールと一緒に購入していた
マウスパッドに変えたら、それだけで十分滑りが良くなったので
とりあえず解決しました!評価高かったこれを買いました↓

パワーサポート エアーパッドプロIII(マットブラック) 大サイズ 




マウスの滑りを良くする結論:
トスベールを付ける。
マウスパッドを変える。




症状2「ポインタの動きが遅れる」の
原因は”使っているうちに解像度切替ボタンを押してしまった”


ロジクールG700の良いところは、
ボタンいっぱい付いていてショートカットをいろいろ
登録できるところだけど、
気づかないうちに間違って解像度のボタンを押してしまっていたようで…

マウスのポインタ設定でDPI感度レベルを”デフォルトに戻す”
設定しなおしたら、あっさり治りました。


ポインタの動きを良くする結論:
マウスの解像度設定を初期設定に戻す。








posted by 働きママ at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | サイト管理・PC操作覚書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
出会い
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。