2014年02月10日

大きな原理を見つける【自分の長期課題】人の価値観

【価値観の違いについて】

人と関わることが増えると、
かならずモヤッとしたり、考える時間が増えるのは
価値観が違う話を聞くことになるから。

だれと付き合っても、まったく同じ考えの人はいないから当たり前。
でも私は人の考えに呑まれやすいのが問題。

たいていの場合、熱心に持論を喋る人は、
喋ることでさらに自己肯定していく、

それは決して悪い事じゃない。
でも、私は人の話に呑まれたり、流されやすい。
その場で、ついつい前のめりに聞きがち。
よけいに相手はよく話してくれるよね。
貴重な話しだな〜って思いながらずっと聞いちゃう。

人の考えに触れるのは新鮮で、プラスの転換になることが多いけど。

まず自分で咀嚼して、自分の考え方に変換しないといけない。
みんなそうかは分からないけど、自分はここにかなりエネルギーを割かれるたらーっ(汗)
話しの内容が密で重いと、どうしても2〜3日考えてくることが多い。
すごく疲れるし、すぐにアウトプットされるものでもないから。
自分の命題が増えていく感じ。


一つの意見や生き方やアイディアに対して、
でもなんか自分は違う部分も感じるんだよね〜って
どこが違うのか毎回考える。

何かスタンスを持って入れば、よい意味でサラッと聞き流すことができるんだろうな〜。
「相手のこの主張のココが良いね!
でも私の生き方としては、ここ(環境)が違うから、
相手にとってはソコが重要なポイントなんだな。。」とか。


こんなのが、話し聞きながらスルッと整理できるくらい
頭の回転早いといいのに。できないね。

たいていの場合は、
”育った環境””時代””タイミング”そんなバックグラウンドの違いからくるもので、
どちらが正しいも、正しくないもなく。

今の自分がどちらを良いと思っているか、ってそれだけ。

私も、周りの誰かも、今の自分を良いって思って生きてる。(自己肯定)
今までの自分を見つめて、理解して、いいよねって確認して、そうして幸せを見つけていくから。
失敗があったらから今があるよね。とか。
そこは否定するものでも、なんでもない。
生きてきた道と、生き方が違う。

自己の中で、今の自分を肯定して、幸せを感じられるっていうことは大事なこと。
これを外に出すときには、配慮がいるってことでもある。
※自分が間違っていない、幸せに生きているってことを
確認するために外に出したくなるものでもあるのかも。

※私がこのブログを書いてるのもそんな意味があるんだろうな。
知人にリアルでこんな話しするのは、暑苦しいから控えてるけど。
同じような境遇の人や、知りたい人には発信しておきたいなと思うんだろう。
自己表現→自己の確認

一人と話すと、どうしてもその世界観でいっぱいになる。
こういう受け止め方もあるよ、と一つのアイディアとしての話し方。聞き方。
生き方のケースはいろいろ。


自分と相手だとたいていは、考えてる時間軸が違う。
”今を肯定すること”と、”これからの予防”を分けて考えるのがポイントかも。


そして、お互いのバックグラウンドが違って
キーワードになるものが違うってこと。

キーワードを探るのが良いのかも。

(命、揉まれる、学力、ふれあい、自然発生、軽い複数回の繋がり)

キーワード出してみたら、見てる次元もぜんぜん違うことが分かる。


それぞれ、見ている次元が違う。
自分が何かやろうとするとき、設定する次元はどこなのか。
それを認識して、相手や、実際にサービスを受ける、関わる人とコミュニケーションするのは大事。


やや適当も大事。

誰かに対して、サービスを行う時
考えも求めるものも、それぞれに次元が違う。
(それが話したときにそれぞれ、違うベクトルやボリュームを持って出てくる)

私がやろうとするのは、そんなみんな違う価値観の人を対象に、
やや似たグループを括って、1つのサービスで
それぞれに満足してもらうこと。


ここの意識が必要なんだろうな。
1人と長く話すと、迷う、悩む部分が増えるけど、
1人、1人全員が何かしら、価値観を持っていて、
一致することはないってことを忘れちゃいけないな。


だからこそ、聞くときにその人固有の部分にクローズアップしすぎるのはよくない。
独特の環境で生きた人ならば特に。
みんなに共通になる部分と、時間軸・次元を整理して捉えるべき。


ポイントまとめ>>

◆今に至る経緯。育った環境、親のタイプまで。 無意識にウェイトを置いているテーマ・キーワードを拾う。
◆時間軸 
今の結論に至るまでに、変換があるはず。今なのか、予防なのか。未来なのか。
そのまま活用できる論は少ない。何かの対象者も成長して変化するから、どのタイミングで活かせる話しなのか。として聞く。
◆次元・レベル マクロなのか、ミクロなのか。根源的な話しか。具体的か。小手先か。

◆10人10色  似た境遇でもそれだけ価値観は違う。結構意識しないと、聞いてると勘違いする。1ケースとして尊重。



課題:
こういうのって、取材の仕方とか、質問の仕方、インタビューとか。
そんな本に答えまとまってるのかもしれない。
いつか本探してみよう。

キーワード:人の意見、自分の意見、自己表現、自己肯定









posted by 働きママ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 迷いと結論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
出会い
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。