2011年08月17日

2:8の法則

常に、成果の大部分に繋がる2割の事に取り組むこと。

かなり気をつけないと、だいたい効率の悪い8割の事に気を取られている。
それがとても大事であるかのようにセカセカと動きまわってしまう。


時間は有限。
小さな力で大きな成果に繋がる重要な2割を常に見る視点を意識していること。




(2:8の法則とは)
経済者ヴィルフレート・パレートが提唱した、パレートの法則と言われるもの。

  • 組織でいえば、売上の8割は全従業員の2割で生み出している。
  • 仕事の成果の8割は、費やした時間のうちの2割の時間で生み出している。
    ● 売り上げの80%は20%の顧客による。

  • 蟻を使った実験で、一生懸命働いてるのは2割で、次にその2割だけを別グループにしたところ、今度はその中の8割がさぼりだした、という。



    posted by 働きママ at 12:14| Comment(0) | 大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    行動は必ず数字にする

    目標から日々の業務まで、数字にすることで
    イメージが具現化される。
    今日、何をすべきかが見えてくる。

    例えば、
    ”○○を調べる為に、5冊の本を読む。” 
    ”サイトを100アクセスアップさせるために、現状5アクセス/pだから20ページ作成する。”



    起業初期、やってみたいと思うことはどんどん出てくる。
    アイディアとしてメモは取っても、やりたいことから
    手をつければ最終目標までたどり着けない。


    目標と行動を数値化すれば、
    現実的な計画が立てられる:業務時間が収まるかどうかを検討して、計画の中に落とし込む。
    明確に行動の成果を確認できる:数字にしておけば判断がはっきりする。




    という訳で、何か行動(実際の業務)を起こす時には、
    数値化することが必要。
    特に、自己管理が重要になる個人事業の場合は、
    数字にして、自分の行動の無駄をなくしていかなければ、
    非効率な時間を際限なく費やしてしまう危険もある。





    (目標の数値化の例)
    個人事業で家族を支えられる家計が欲しい。


    年間売上600万円以上。※税・保険別


    1日2万6千円以上の売り上げが必要。


    1個1万円の物なら3人、
    1個1千円の物なら26人に買ってもらう必要がある。


    以上。
    posted by 働きママ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    出会い

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。