2014年03月17日

納税(確定申告は書面提出で、納税をインターネットで)利用者識別番号


確定申告用紙は、国税局のホームページ上で作成して、
プリントアウトしたものを税務署に持っていくスタイルで納税しています。

で、納付書の扱い方がいまいち分からなかったから
納税はインターネットから行うことにしました。
ここでもつまずきます。
なにやら入力する番号がいろいろ出てくるのです。
参考にさせもらったブログ→http://tanu3.xsrv.jp/afiri8/news/densi-nouzei-pay-easy.html


<まずは必要な番号・数字を揃える。>
必要なのは、
・利用者識別番号(ネットで数分で申請、発行可能)
・納付目的コード (出し方http://www.e-tax.nta.go.jp/tetsuzuki/tetsuzuki4_3.htm
 今年の私は3201125になりました。
・収納機関番号:00200(国税庁)
・納付税額 (確定申告書で算出)


まだ電子申請を使ったことが無い人は、識別番号っていうのを取得する必要があります。
識別番号は、ネット上で数分で取ることが出来ました。

国税局のサイト上で、ルート証明書をダウンロード⇒インストール⇒番号取得



<三菱東京UFJでの画面入力の分かりにくいところ>

国税局での呼び方と、UFJで違う。

UFJの表記               国税局の表記
納付番号                  = 利用者識別番号

確認番号(税金・各種料金支払専用) =納税用確認番号

納付区分                  = 納付目的コード

この通りに入力したらあとは画面の指示に従うだけだった。
ここからの作業時間は2〜3分。

あっさり納税が済んだので良かったです!







posted by 働きママ at 02:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

青色申告の完了


「フリーランスの為の青色申告」を1冊読みながら、
付いてきたエクセルのソフトを活用して帳簿完成。


全体像の理解するのにとても役にたった1冊。


結局、思っていたよりお金の出入りが多くて
入力の時間が掛かって、本を読み始めてから確定申告書を提出するところまで
4日かかりました。


その後、ソフトについていた利益計画表など利用して
今年の収益目標を決めた。


確定申告したことで、
お金のことが分かって、
すごく勉強になった。




posted by 働きママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

確定申告の準備 〜本を買うことにした

開業の時に青色の申請をしておいたので、
今年初めて本格的に確定申告。

いろいろ細かなことが分からずネットでちょこちょこと調べて
メモ帳に入れて、このブログに残しておこうと思ったんだけど、
保存ミスでデータ消失。

簡単な経費表を残しているだけなので、
複式簿記というものを作らなければならない。

ちょこちょこと調べて、トータルで12時間ほど
ネットで情報収集してしまったのだけど、
やっぱりやってみないと分からない。

そしてどの会計ソフトを選べばいいのかでも迷ってしまっていた。

結局たいして難しい出入りがないんだから、
最低限を理解して、サクっと進めようってようやく気付いて本を1冊注文。



なんでもネットで調べる癖がついているけど、
こんな風にまったくの未知のこと、
全体像を知るべきものは、本を読むのば一番だね。
遠回りしてしまった。

確定申告で節税はしたいけど、
申告作業自体は生産性ないものだから、
あんまり時間かけないようにしよう。




■確定申告で領収書は必要? 
---------------------------------------------------------------
指摘されない限り見せることは無い。
領収書の保管期間 7年



■確定申告 領収書のまとめ方を決めた
---------------------------------------------------------------

領収書がバラバラな場合どうする?
準備していなかった確定申告。

そして、いちおう7年保管する前提で記録は残しておく。
経費で65万円を集めよう!

領収書一気にエクセル入力したら、日付で並べ替え。
順番にノートに貼っていく
順番もだいたいでOK。 たぶん見せること無い。
探せば出てくる、レベルで手抜き整理。

今後は…
ノートに貼ったら同時に「日にち、項目、内容、価格」をエクセル入力。



仕分け。大雑把に
接待費・雑費・交通費・飲食費


旅費交通費 (タクシー、駐車代、電車) 
燃料費(ガソリン代、灯油) 
交際費(会食や手土産) 
通信費(切手や電話代など) 
消耗品費 (文具、コピー用紙、インク) 
租税公課(固定資産税などの税金、法務局や税務署からの取り寄せ) 
水道光熱費 
保険料 
雑費 



posted by 働きママ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 起業ノウハウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。