2013年01月14日

生ぬるいのは苦手


世の中いろんな価値観の人がいて。

私にとっては、どうでもいい事を時間を掛けて
決定する場もある。
ゆとりの日々に充実を感じる人もいる。

(ただの悪口でごめんなさい↓)
何か話合いして頑張っているように、熱心に見せたいだけ。
やってる気分になって、自己満足なだけ。


こっちは必至でがんばってんのにーー><!!
無性に腹が立って泣きたくなった。

みんな必死、昼も食べないで仕事してる。
やっと問題解決してご飯食べれるって。
今までの働く現場がこんなだったから。

私はエネルギーをぶつける場所は、
自分のやりがい、生きがいのある場所に向けたい。

私の場合は、仕事=お金になること=世の中に少なからず影響すること。


人の価値観はそれぞれ。
わかっていても、どうしても交わる場がある時には
生ぬるさに居心地悪くて、すごく疲れてしまう。

私自身はもっと、ゆとり無い人困っている人に対して
楽しいを届けたいと思って必死に模索している状況だから、
ギャップがありすぎて、イライラがすごい。

時間軸も住んでる世界も違う次元と割り切らないと。

ここにはきだして次に進まないと。


こういうゆとりのある人達とは、
自分を意識して壁作っておかないと。
自分のすべきことへの心が乱される。
すっきり頭切り替えてがんばろう!!!!



-----------------------------------------------------
基本的に時間の使い方はストイックに。

楽しむ時間はとことん弛めて、アホになれるのがいい。

----------------------------------------------------




2013年8月追記

付き合いの回数が増えていくごとに、
相手の良さも見えてきた。

自分の世界が狭かっただけなんだな〜とつくづく思う。
というか、こうあるべきって勝手な押し付け。
私は自分がそうしたいから忙しくやってるだけ。

余裕のある時間を過ごす人たち。たぶん心にもゆとりある。
金銭的なゆとりとか。 生活層の違いでもある。 どこにでもある当たり前のこと。

お互いにそれぞれの世界を生きてる。

自分の時間の使い方とは大きく違って、
同じになる必要もない。

ゆったりとした時間にたまに触れさせてもらって
よい刺激として受け取れるようになってきた。


お互いに良い刺激になっていけばいいんだ。


同じ、一緒、じゃなくてもいい。


みんながみんなセカセカしてたら、世界はとても窮屈だしね。










posted by 働きママ at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | はきだし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

嫌なことがあったので吐き出し。でも冷静になるとささいなこと。

悶々とすることがあって、
人に話すのもナンダな―と思ったから書いてたら長くなった。

こんなことに怒ったり、やたら考えたりするのも
暇だからだなと反省。

やるべきことに集中してたら、こんなこと考えてる暇も
書いてる暇もないはず、やっぱ反省。



ある家電を修理しようと思って、
専門店に持って行った。


行くととりあえず見てみますね、といってちょっとカバーを開けてみてくれた。


ここから原因追求するために分解するのに時間がかかるんだよね。

時給で2,000円、4〜5時間かかるかな。

と言われた。


そんなにかかるんだったら、修理しなくていいです。
と伝える。


少し開けて見ないと分からないからね、
削ったりして治ることもあるからね、
と言われる。
中を開けたい様子。


じゃあお願いしますってことで、
点検費用は500円ってことだけ聞いて物を預けて退散・




技術者は問題を解決したい。
作業は苦労するもので、単価は高くて仕方ない。
活かせる物は修理して使った方がいいよと、知識があるがゆえの
親切心みたいなものがある。


それから、最初に来店して世間話だと思って聞いていた中で
修理は難しいんだという仕組みの話に触れて…
時給もっと取ってもいいですよね!とは私が言った。
だから修理していいと思ったらしい??

いや注文はしてないけどね。



実際は、お客さんはそうは言っても
修理に1万円も払えないから、
高いんだったらもう修理しなくて良いって思う人もいる。(←私。)



500円で点検してもらって、修理のパターンと可能性、
料金を見積書って形で提示してもらって、

そのあと注文を出す!が自然な流れだと思う。



だから、お店側はお客さんが金額と内容に
納得してから作業に着手する。

※車検とかは基準が決まってるから
必要なパーツ交換とか勝手にされるということも
あるかなとは思う。
車検通せる範囲の気になる部分は、見積もりが必要と思う。。



最初電話で1万円とか言われて、えー??って
金額確認してませんけどって反論したら、

じゃあ500円で良いですよって。


なんか幼稚。


これでも商売は成り立つんだね。
小さい会社はそんなところも珍しくないのかも。



買い物は、見積もり、注文書、納品書、領収書セットだね。


慣れないからって、相手のペースに
流された(最初なんとなく預けてしまった)自分が悪かったということでしょうね。


予算は〇〇円、それ以上は修理しません!ってきっぱり言えば良かった。
相手にとっても。



すぐカッとなっちゃうな〜。

で、しばらくはこのこと考えちゃうし。


最後はシンプルに納めないとね。



お店側: 技術者はこんな感じ。
    な〜な〜はよくあること。気にしてない。
    ※サービス力は弱い。ユーザビリティ低い。集客性
    世間話風、知識少ない人、高齢者を相手にしている感じがする。
    同業他社のマイナス面やら、自分のところの良さアピールしてたな。
    フランクな話し方に、つい話し聞いてしまった。
    常套手段かな。


お客皮(私):ぼーっとしすぎ。修理は何でも1万近くかかるよね。
       糸のからまり取るくらいなら2〜3千円かなと油断。

posted by 働きママ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | はきだし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
出会い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。